コンクリートジャングル3丁目

多方面にオタクな女がアニメみたり映画みたりいろいろするブログ

忘れたくない海外のオタクとの夜

10年ぶりにパスポートを更新した影響か何なのか、近頃外国との接点が多くなった。

といっても、旅行の最中の話とか、道で会って会話したレベルの、そんなささいな程度の交流なんだけれども、ひとつ自分にとってすごく良い話があったので、忘れないように書き記しておく。

 

 

 

 

 

家族と一緒に池袋のビアバーに飲みに行った。

日曜日の、16:00くらい。まだ夕飯には早いけれど、休日ともあって店内はそれなりに混んでいた。

我々が通されたのは大きいテーブルを区切って、2グループ座れるように設定された席。

隣ではヨーロッパ系の男性2人がでかいジョッキのビール片手に楽しそうに何か喋っている。

別に珍しい光景ではない。

が、次の瞬間、超予想外のモノが私の目に飛び込んできた。

 

 えっ!?アルカディア号!?

ガンプラでもなくヤマトでもなくアルカディア号!!?

 

おもわず彼の手に持っていたプラモの箱をガン見する私。

その熱い視線に気が付いたのか、白人男性は満面の笑みで私に語り掛けてきた。

 

 

彼『Hey!Do you know this?』

私『い、いえす!I like レイジマツモト!!』(片言)

 

 

ここから我々一行と白人男性2人との怒涛の交流が始まる。

 

 

聞けば彼らはアメリカ人で、仕事で日本に来ていること。

名前はクリスとジョーイ。

横須賀に滞在中であること。

今日は上野のおもちゃ屋買い物をしてきたということ。

シアトルの近くの街に住んでいるということ。

家に飛行機のプラモが飾ってあるということ。

息子の話。

飼ってる猫の話。

これからヤマト2199の劇場版を見に行くことなどを教えてくれた。

 

クリスの持っていたショッパーの中からは、ゴジラのフィギュアや車のプラモや、今日購入してきたであろう戦利品が山のように出てくる。

ひとつひとつ丁寧に解説してくれるが、いかんせん流暢すぎる英語なので全部は聞き取れず、また私も何か言おうとしては拙すぎる英語が1mmも通じず、

そもそも『特撮』って英語でなんて言うんだ?

などと一生懸命スマホ片手に身振り手振りという、なんとも無様なコミュケーションとなってしまった。

ついでにどさくさにまぎれて一杯奢られてしまった。

アルコールの入ったふわふわした頭と、伝わらない英語が歯がゆかったが、自分の好きなものに関してはキラキラと目を輝かせながら、語りすぎてしまうところは、日本のオタクもアメリカのオタクも変わらないようだ。

 

ジョーイはスターウォーズの大ファンで、ペットの猫にヨーダと名前を付けている。

メスだけどヨーダだ。

彼のiPhoneにはヨーダちゃんの写真と動画がいっぱいで、彼も満面の笑みでヨーダちゃんがいかにプリティな存在かを力説してくれる。

ネコにメロメロになってしまうのも、人種国境問わずなようだ。

私もスターウォーズが大好きなんで、『STAR WORS is my life!!!!!』と熱く拳を突き上げたときには『おめえアメリカ人と同じこと言ってるぞ』とめっちゃ笑われた。

なんかちょっとうれしかった。

 

 

 『映画の後もこの店にいるから飲みに来いよ!』と誘われたが、

悲しいかな日本の社畜は月曜日に備えて家に帰らなければならない。

別れ際に、池袋のエヴァショップで売ってた、エヴァゴジラのコラボポストカードをプレゼントした。

ビールと、楽しい時間を共有してくれたことに対して、なにかお礼をしたかった。

プレゼントを渡して、すぐに彼らとは別れたので、その後のことはわからないけど、きっと気に入ってくれたと思う。

本当はもっと一緒に飲みたかったし、もっと話したかった。

 

 

『 I'm glad see you! Enjoy Japan!』

 

最後これを伝えられたことは本当に良かったと思っている。

アメリカに帰った後、息子さんとヨーダちゃんに土産話として聞かせてくれればうれしい。

 

 

 

 

 

 

2020年にはオリンピックがやってくる。

わたしはオリンピックには特段の興味関心があるわけではないけれど、

エンブレムのデザイン問題や、競技会場の問題や、運営のスタッフをボランティアで補おうとしている件など、とにかくネガティブな話題が目立っていように感じる。

それらのニュースを聞くたびに日本の現状や、将来に関して暗澹たる気持ちになってくるし、こんなお粗末な対応の国に人を呼んでいいのかと思ってしまうのだけれど、

クリスとジョーイのように、日本をめちゃくちゃ楽しんで、遊びつくして帰ってくれる人が増えてくれるならば、オリンピックも悪くはないのかな、と思います。

大きなイベントを持ってくるのは行政とか国とか、大きなパワーなのだろうけど

結局は、そのイベントの開催中の体験だとか、楽しかった思い出とか、

そういったものが最終的に『よかった』という形で残るのかなとおもいました。

 

 

自分も、とっさの道案内ができる程度には英語ができるようになりたいです。

2020年までに間に合うかな?

オタク女の貯金の話

お題スロットを使ってみたかったのと、

世間でよく見るライフハック系のブログの体裁(目次とかつけるやつ)をやってみたくて書いてみました。

 

冬コミが近付いてきましたが、コミケだろうが何だろうが関係なくオタクはなにかと金がかかるので常に金はないのですが(良いアルバイトあったら紹介してください同人誌の売り子くらいならば経験あります)

人並みに将来の不安もあるので、貯金は、一応、微々たるものですが、しております。

ので貯金の話をしようと思います。

 

 

 

 

  • ゼロからはじめるたのしい貯金生活!!大公開!! 

 

 

私が基本的にやっていることは2つです。

 

 

 

  1. おちんぎん、もらって即いれ(預金口座に)

    給与が支給されたら即、定期預金の口座に預入することで、強制的に貯金をする方法。

    多くの方がやってる方法だと思いますし、これが一番効果があると思います。

    ただ私は自動積み立ては使っていません。

    積み立て額を高く設定しすぎて、イレギュラーな出費(結婚式のご祝儀とか、前月に取りまくった舞台のチケットのクレジット引き落としとか・・・)に対応できず、普通口座をスッカラカンにした過去があるので、ちょっと面倒ですが毎月の出費をある程度計算したうえで、貯金に回しています。

    ただこれだと強制力が足りないので、毎月1万円でも積み立てを設定したほうがいいかもしれない。

     

     

     

  2. 嫁に!推しに!小金を貢げ!貯金箱で500円貯金

 要するに『あらかじめ月の生活費を決めて、余った分を貯金』する方法です。

 

一日の昼食代を500円と設定し、月初めに、その月の労働日数分の現金をあらかじめ別の財布に準備します。

例えば、 月の勤務日数が20日だとして、20日×500円=1万円をその月の昼食費とし、そのなかでやりくりします。

 そして、余ったお金を500円もしくは100円玉にして、専用の貯金箱に貯金。

100円玉以下の硬貨は次の月へ繰り越して使います。

私の職場は幸いなことに飲食店の激戦エリアにあることもあり、500円出せばお店で食べてもテイクアウトしても充分におなか一杯になります。

もちろんそれだけでは節約にはならないので、週に数回は家からお弁当を持参します。

毎日お弁当を持参できるのが理想なのですが、どうしても毎日つくるというのは大変ですし、人が作ってくれたご飯は美味いので『なるべく節約、たまに贅沢』という運用をしています。

 

 

月々の昼食代を管理するために私が使っているのはこれ。 

おそ松さん がまぐち カラ松

おそ松さん がまぐち カラ松

 

スーツのポケットに入ってしまう、最近ゲーセンの景品でよく見かける小さいサイズのがま口。

ぶっちゃけ100均のもので事足りるのですが、毎日使うものなのでちょっとでもテンションあがるものを使いたかったのでこれにしました。

ニートに大事な昼食代を握られていると思うと、すこしスリリングな気持ちになります。

 

 

 そして、毎月の残り金用の貯金箱はこれ。

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000% 缶バンク デザイン03 四ノ宮那月

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000% 缶バンク デザイン03 四ノ宮那月

 

 うたプリ貯金。

これも別に100均で売ってる貯金箱で充分なのですが、

『この貯金箱がいっぱいになったら何を買いましょうか?今から楽しみですね~!』

と、お金を入れるたびに那月くんが私に語り掛けてくれます。

 またこの貯金箱にはお金の取り出し口がついていないため、缶切りで那月くんを傷つけなければ開封できないという鬼の仕様になっており、安易な中身の使い込みを防止することができます。

『安易に中身を取り出せない構造』というのは結構重要だと思いまして、

ちょっと今月たりないから~といって、中身に手を出す確率を大幅に下げてくれますし、「ごめん姉ちゃんの貯金箱から借りたわw」などというネコババ行為からお金を守ってくれます*1

 この貯金箱は大変重宝しているので、ブロッコリー様及びグッズ会社様はレジェンドスター仕様のものも出して頂きたい。

 

 

というのもですね。

つい先月の話なんですが、ついにこの貯金箱にお金が入らなくなってきたんですよ。

 

 

 

500円玉が、はいらない!!

貯金箱がいっぱい!

 やったー!!

 

 

という気分にはなりましたが、貯金がたまったということは

ついについに那月くんの身体にメス(実際は缶切り)を入れなければいけないということです。

これはツラい。

 

そして2代目の貯金箱をどうしようかという問題も浮上します。

今のところは100均ので売ってる貯金箱に、今の推しジャンル(あんスタ)のステッカーをべたべたと貼り付ける案を考えています。

 

 

 

貯金を成功させるために必要なこと

 

個人的に重要だと思うことは2つです。 

 

・貯金の運用ルールを決めること

・持続可能な運用ルールを設定し、継続すること

『最低この額だけは貯金する』『この額以上は使わない』『溜まったお金はここに保管する』など、最初にある程度ルーティン化をすると、貯まりやすいように思います。

ただし、『給与半分以上貯金!!』や『貯金のために1日1食で過ごす!!』など、あまりに過酷な運用ルールだと続かないです。

過去に上記ふたつの運用ルールで貯金したこともあったのですが、貯金の額を多くしすぎて生活費が足りなくなり、貯金を崩して生活するという本末転倒な事態になりました。微々たる額であっても、少しずつ、継続をする長距離走スタイルが自分には合っているようです。

通帳残高を見たり貯金箱の重みを感じるたびに、これだけ自分は頑張ったんだぞ!と自己肯定感が高まりますので、つらいことがあっても元気になれます。

 

 

 

本当は、年収をあげて可処分所得を増やすのが一番なのですが

現実はなかなかそうもいかないので、こういった手法で小さく貯めています。

(良いお仕事がありましたら紹介してください(本日2回目))

 

 

今年こそ宝くじ当たんないかな。

 

 

 

 

お題「貯金の方法」

*1:後日きちんと返済してもらいました

現役コスプレイヤーが魔都・渋谷のハロウィンで更衣室を運営してきたよ

もう一か月近く前のことになりますが。

去る2016年10月29日、30日に、こちらの企画のお手伝いをしてきました。

www.contacthalloween.club

 

超有名アニソンレイヴイベント『リアニメーション』さんの企画でして、

 

ハロウィンの渋谷に更衣室とクロークを設けるので、

他所様に迷惑をかけずにハロウィンを楽しもうぜ!

 

という趣旨のものです。

 

 

ハロウィンといえば、皆さんご存知の通り近年凄まじい盛り上がりを見せているイベントで、経済効果はバレンタインを超えたなんて報道もありました。

 ですがその盛り上がりの一方で、

・公共の、あるいは商業施設のトイレでの長時間の着替え・メイク

・路上に放置されるゴミ

・多数の人が集合することによって引き起こされる道路の混雑・封鎖

・ウェイなパリピが騒ぐことによる治安の悪化

・そもそもコスプレを家から着て、公共交通機関を利用するのはマナー違反なのでは

などなど、数えきれないほど問題が吹き上がり、学級会が繰り広げられているイベントでもあります。

 

 

 

具体的に何をしていたのか

 DOGENZAKA 更衣室で行っていたサービスは主に2つ。

  • 更衣室&メイクスペース(1人につき500円)

 新築のダンススタジオを利用しての、更衣スペースの提供。

全身がうつるでっかいダンス用の鏡の前で着替え&メイク

渋谷駅に臨時で設置された更衣室が10分以内の時間制限がついていましたが、こちらでは特になし。

納得が行くまでおきがえ&メイクOK!(実際4時間くらい中にいる人もいた)

室内だから暖かいし、明かりもついてる。

ゴミも回収します。

トイレも新築なのできれい!

 

 

  • 荷物の預かり(荷物1つにつき500円)

 簡易コインロッカーだと思っていただければよいです。

 規定のサイズのビニール袋に荷物が全部入り切れば一個カウント

預かりは30日の23時まで。

なので土曜日に預けて、そのままオールナイトで遊んで、

始発と共に荷物ピックアップでも可。

荷物は24時間スタッフ待機の部屋の中で管理。

 

 

 

当日の様子

特に問題もなく終わったのではないかと思います。

途中で何社もテレビの取材が入ったり、渋谷区の方が視察に来ていたのが印象的でした。

最終的な利用者の人数とかは私も知らないんですけど、

利用者のほとんどがコスプレイヤーじゃない一般の人、とくに普段コスプレとかしない、今年初めて仮装します!みたいな人だったのが驚きでした。

(更衣室にお金出す感覚が非レイヤーに通じるのかと思っていたので)

 

我々の団体以外にも、ドンキホーテさんや、渋谷区も更衣室を設置したり、自宅からの着替え推奨のアナウンスもずいぶんされていたようですし、

去年や一昨年に比べたら、グッと良い環境になってきたのではないかと思います。

来年以降も、同じような試みはたくさん行われるでしょう。

もちろん、まだまだ問題がすべて解決したわけではないですし、この先もまた新しい問題が浮上してくるかとは思うのですが、

この日本流の新しいお祭りがなんとか上手い形で定着してくれればよいと思いました。

来年もこういう形でお手伝いができたらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下。

ハロウィンとコスプレに関する個人的な意見。

 

 

 

『トイレで着替えない!メイクしない!!ゴミ捨てない!!家から着てこないなんて当然!!そもそも誰に許可とったわけでもないのに路上でコスプレするなんて言語道断!!そんなルールも守れないパリピ(笑)たちが、ハロウィンにかこつけてバカ騒ぎしてる!!自分たちがどれだけ周囲に気を使っていることか!!ふざけんな!!リア充死ね!!』

という気持ちはわかる。

痛いくらいわかる。

というか、私も毎年同じことを思う。

でも、この気持ちは、この怒りは、リア充たちに対する、的外れな嫉妬で、単なる八つ当たりだ。

 

ゴミを放置することや、路上で騒ぐこと、着替えてはいけない場所で着替えたりすることは、リア充であろうがコスプレイヤーであろうが関係なく迷惑であるからやめるべきであるし、路上でコスチュームを着ることについても2016年の渋谷において禁止されているわけではないからだ。*1

 

今回この企画を手伝わせてもらって、たくさんリア充、パリピたちと接した。

彼ら/彼女らは普段コスプレなんかしないし、衣装?さっきそこのドンキで買ってきました!みたいなノリなんですけど、

友達や恋人と思い思いのコスチュームを着て街に繰り出していく姿が本当に楽しそうだったし、

やれ化粧がどうだカラコンがどうだ、レイヤーとカメコの関係がなんだかんだなんて言ってる自分たちよりも、ずっと自由で、羨ましかった。

 真剣にやってるからこそ、衝突や、学級会が喧しくなってしまうんだけど、

でも根っこの気持ちは、楽しいからやってるし、続けているんだよなあ。

今回、このブログを公開するまでに1か月近くかかってしまったのも、その辺のもやもやと上手く折り合いがつかなかったからで、

そのへんのもやもやをのことを考えると、どうしても最近の界隈を糾弾するような物言いになってしまって、自分も他人も楽しくないような文章になってしまい、それでああでもないこうでもないしているうちに、ついにこんな時期になってしまったというわけでした。

 

それに携わる人口が増えれば、その分困った人や事件にぶち当たってしまう確率は高くなっていくと思うんですけど。

なるべく、自由で、寛容で、年齢とか性別とか関係なく、どんな属性の人でも楽しむ余地のある界隈であってほしい。

要するにこれに尽きる。 

 コスプレに限らず、昨今はなんでもそうなんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

勇者ヨシヒコの仮装をドラクエ5の主人公と間違えてしまって、

その節は本当に申し訳ありませんでした。

 

 

*1:もちろん猥褻物陳列罪だとか、危険物を所持しているとか、そういったものでなにがしかの罪が適応されることはあるかもしれないけど。

参考:ハロウィンのコスプレは法に触れる可能性があります (ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース

シン・ゴジラ初回鑑賞の感想(ネタバレ)

ブログを作ったものの、やっぱり80日くらい放置になってしまって、

つくづく自分は継続することが苦手なのだと思い知らされる。

が、

今回ばかりはちゃんと感想を書き記して置かなければ!

しかも今!このタイミングで!と思ってキーボードに向かい合っている。

 

シン・ゴジラ

 

みました。

 

 

これは一回目をみた段階の感想の羅列です。

たぶん複数回みたり、色々な立場の人たちの詳細な考察が出てくればまた違う感想が出てくると思うけれども、とりあえず今自分が持った気持ちを残しておきます。

 読みづらくて申し訳ない。

ブログ用の長文を書く訓練は今後やっていきます。

 

ネタバレ有!!(超重要)

見に行ってない人はとりあえず映画館に行ってきてくれ。

 

 

続きを読む

ブログを書こうと思います

去年くらいからWEBライターのお友達が増えたのと、日々考えたことを文章化して残しておく場が必要だなと思ったのがきっかけです

Twitterだと140文字が限界かつ、文章が流れて行ってしまうので。
アカウント取得だけはしていたけれど、どのサービスが一番使いやすいのか試しているうちに1年以上経過していた…。
 
インターネットの海は広大で、最近は特に殺伐としていて嫌な思いになることは多いけれど、
違う何かに出会いたい!!という好奇心はおさえられないんですよね。
 
ブログきっかけでお仕事がきたり、副収入ガッポガッポな世界もあるらしいけど、ここは忘備録とか鑑賞記録とか、そういうのに使いたいです。
まず三日坊主になりすぎないように頑張りましょうね。